口臭は病気?!

「体脂肪率」というものは、人体の中の脂肪が占める%であり、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight、kg)×100」という数式によって分かります。

急に発症する急性腸炎は、普通は腹痛・悪心・嘔吐・下痢に見舞われる位で済みますが、細菌性の場合はものすごい腹痛・繰り返す嘔吐・下痢に加えて38℃以上の高熱が出るのが相違点です。

アルコールや薬、増粘剤を始めとした食品添加物等を酵素によって分解して無毒化する働きの事を解毒と称し、肝臓のとても重要な役目の一つだということは間違いありません。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事が欧米化したことに加えてタバコを飲む事・酒類・隠れ肥満などの生活習慣の質の低下、ストレスなどにより、殊更日本人に増加しているという病気の一種です。

ほぼ100%に近い割合で水虫は足、中でも足指の間に発症する病気だと間違えられやすいのですが、白癬菌が感染する所は足に限定されているわけではなく、人の体ならどこにでもうつってしまう危険性があるので気を付けましょう。

ピリドキシン(ビタミンB6)は、アミノ酸(Amino acid)をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー代謝のために欠かせない重要な回路へ組み込むため、更に細分化するのをサポートする働きもあるのです。

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を悪くしたり変異を招く人体に対する有害物質を身体の中で無毒化し、肝臓の働きをより強化する特徴が確認されているのです。

春と秋に患者が増える花粉症とは、森のスギや檜、蓬などの木や草の花粉が因子となって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・微熱・鼻づまり・鼻みずなどのゆううつなアレルギー症状を生ずる病気なのです。

昨今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核に対抗できる抵抗力を持っていない人々が増加傾向にあることや、早合点のために受診が遅れることなどが主因の集団感染及び院内感染が多くなっています。

ロックミュージシャンのコンサートの開催場所や踊るためのフロアなどに設置された大音量スピーカーのすぐ脇で大音量を聞いて難聴になってしまうことを「音響外傷」と言うのです。

肝臓をいつまでも健やかに維持するには、肝臓の解毒作用が落ちないようにすること、言いかえれば、肝臓を老化させない対策を開始することが有効でしょう。

BMI(体重指数)の計算式はどこの国も一緒ですが、数値の評価水準は国単位で異なっていて、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI値22を標準体重とし、25以上だと肥満、18.5未満は低体重と周知しています。

寝姿を見ることで、入居者さんが犬のことを愛おしいと感じた時にオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスを緩和したりヒーリングなどに繋がります。

お年寄りや慢性的な病をお持ちの方などは、ことさら肺炎になりやすくて治るのが遅いデータがあるので、予防に対する意識や迅速な手当が重要なのです。

AIDSはHIV(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって罹患するウイルス感染症のことで、免疫不全を引き起こし些細な真菌などが原因の日和見感染や癌等を複数発病する症候群そのものの事を指しています。

美容には口臭ケアが重要!

UVを浴びたときにできるだけダメージを小さくする方法を3種類ご紹介します。

1.日焼けした部分を冷やす2.ふんだんにローションをはたいてしっかり保湿する3.シミを防ぐために捲れてきた表皮をむいては絶対に駄目だ
よく女性誌でまるでリンパ液の滞留の代表格であるかのように表現されている「むくみ」には2つに大別して、身体の内側に病気が潜んでいる浮腫と、病気のない健康体にもみられる浮腫があるのだ。

日本皮膚科学会の判断基準は、①強い掻痒感、②特殊な発疹とその分布場所、③慢性更には反復性の経過、3項目全部該当するものを「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と呼びます。

浮腫みの要因はたくさんありますが、季節の働きもあることをご存知ですか。

気温が高くなって一日中汗をかく、夏にこそ浮腫みになる因子が隠れています。

本来28日周期のターンオーバーが滞りがちになると、色々なお肌の老化現象やトラブルを引き起こします。

老けて見えるシワ・濃くなっていくシミ・顔色の冴えないくすみ・くま・弛み・嫌なニキビ・突っ張るような乾燥など、挙げればキリがないくらい大変なことになります。

中でも就寝前の歯みがきは大事。

溜まっているくすみを取るため、寝る前はちゃんと歯を磨くことをおすすめします。

しかし、歯みがきは回数が多ければ良いわけではなく、内容の質に注意することが大切です。

いつもネイルの調子に気を配っておくことで、分かりにくいネイルの異変や体調の異常に対応して、より自分にフィットしたネイルケアを習得することができるようになるのだ。

目の下の弛みが出現した場合、男女を問わず全ての人が年齢より年上に見えます。

顔の弛みは数あれど、その中でも目の下は最も目立ちます。

健康的な皮膚のターンオーバーは28日周期になっており、日々刻々と新しい肌細胞が生まれ、1年365日取り去られているのです。

この「日々の生まれ変わり」によって私たちのお肌は若々しさをキープしています。

皮膚の美白指向は、90年頃から次第に女子高校生などに支持を得たガングロなど、不自然なぐらい過度に日焼けする独特な渋谷系ギャルファッションへの進言ともとれる考えが込められている。

デトックスという健康法、専用の栄養補助食品の飲用及び大量に汗をかくことなどで、こういった類の体内にある有害な物をできるだけ体の外へ流そうとする技術のひとつとされているのだ。

皮膚の透明感をキープするターンオーバー、言いかえると肌を入れ替えることが可能な時というのは実は決まっていて、夜中睡眠を取っている間だけなのだそうです。

洗顔で毛穴の奥まで汚れを落とさなければなりません。

せっけんは皮膚に合ったものを選択してください。

肌に合ってさえいれば、安い石けんでも構わないし、固形石鹸でも何ら問題ありません。

メイクアップのデメリット:昼には化粧直しをする必要にせまられる。

すっぴんに戻った時の落差。

メイク用品の費用が結構かさむ。

化粧してからでないと外出できないという強迫観念に近い思い込み。

男女問わず浸透してきた頭皮ケアはまたの名をスカルプケア(scalp care)とも言われます。

スカルプは髪の毛の問題である「抜け毛」「薄毛」に非常に大きく繋がると供に、フェイスラインの崩れや弛みなどにも影響を及ぼしています。

内臓の元気具合をしるために

明治時代の末期、外国から帰ってきた女たちが、洋風の髪、洋服、洋式の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介すると、これらをひっくるめた熟語として、美容がけわいという言葉の代わりに使われるようになったのだ。

内臓の元気具合を数値で確認することができる嬉しい機械があります。

『ノイロメーター』という名称の医療機器で、人間の自律神経の状況を測って、内臓のコンディションを把握しようという汎用性の高いものです。

メイクの悪いところ:昼には化粧直しをする必要がある。

すっぴんの時の落胆。

化粧品の費用が痛い。

素顔だと外に出られないある種の強迫観念。

現代を生きる私達は、日々刻々と体に溜まっていく怖い毒素を、バラエティ豊かなデトックス法を総動員して体外へ追いやり、なんとしてでも健康な体を手に入れようと皆必死だ。

現代に生きる身では、体の内側には人体に悪影響を与えるケミカルな物質が増え、更に己の体の中でも老化を促進する活性酸素などが生産されていると言われているようだ。

健やかな体に生じる浮腫だが、これはごくごく自然なこと。

特に女性は、脹脛の浮腫を防ごうとするようだが、ヒトなら、下半身の浮腫自体は正常な状態だ。

夏、強い紫外線を浴びたときになるべく肌のダメージを抑える方法を3種類ご紹介します。

1.日焼けしたところを冷却する2.多めにローションをつけて潤いを保つ3.シミにさせないためにも表皮を剥いては絶対に駄目
デトックス法は、専用のサプリメントの服用及び岩盤浴で、そんな人体の有害な物質をできるだけ流そうとする方法のひとつのことを指している。

例を挙げるなら…あなたは今、パソコンを見つめながら頬杖をついたりしていませんか?この癖は手のひらの圧力を全開で頬へ伝えて、繊細な肌に対して負荷をかけてしまうことに繋がっています。

日本の医療全般がクオリティ・オブ・ライフを重視する流れにあり、市場経済の進歩と医療市場の急速な拡大により、美容外科(Cosmetic Surgery)はここ数年脚光を浴びている医療分野だと考えられている。

美容外科(Cosmetic Surgery)というのは、体の機能上の欠損や変形を修復することよりも、専ら美的感覚に基づく人の体の容貌の向上に取り組む臨床医学の一種であり、自立した標榜科目でもあるのだ。

そんな状況でほとんどの医者が処方するのが、美白化粧品に配合されているビタミンC誘導体である。

外用抗菌薬も併せて使用すると約半年で治療完了に至ることが多い。

更に日々の生活のストレスで、心にまでも毒は山のように溜まってしまい、身体の不具合も招く。

「心身ともに毒だらけ」というような感覚が、現代人をデトックスに駆り立てるのだろう。

洗顔で丁寧に汚れを洗い流さなければなりません。

洗顔石鹸は肌に合ったものを選びましょう。

自分の肌に合っていれば、安価な物でもOKだし、固形の石けんでも良いです。

本来、健やかな肌のターンオーバー(新陳代謝)は28日毎のサイクルになっており、365日新しい細胞が作られ、365日剥がれ落ちていることになります。

こうした「日々の生まれ変わり」によって私たちの皮膚は若々しい状態をキープしています。