内臓の元気具合をしるために


明治時代の末期、外国から帰ってきた女たちが、洋風の髪、洋服、洋式の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介すると、これらをひっくるめた熟語として、美容がけわいという言葉の代わりに使われるようになったのだ。

内臓の元気具合を数値で確認することができる嬉しい機械があります。

『ノイロメーター』という名称の医療機器で、人間の自律神経の状況を測って、内臓のコンディションを把握しようという汎用性の高いものです。

メイクの悪いところ:昼には化粧直しをする必要がある。

すっぴんの時の落胆。

化粧品の費用が痛い。

素顔だと外に出られないある種の強迫観念。

現代を生きる私達は、日々刻々と体に溜まっていく怖い毒素を、バラエティ豊かなデトックス法を総動員して体外へ追いやり、なんとしてでも健康な体を手に入れようと皆必死だ。

現代に生きる身では、体の内側には人体に悪影響を与えるケミカルな物質が増え、更に己の体の中でも老化を促進する活性酸素などが生産されていると言われているようだ。

健やかな体に生じる浮腫だが、これはごくごく自然なこと。

特に女性は、脹脛の浮腫を防ごうとするようだが、ヒトなら、下半身の浮腫自体は正常な状態だ。

夏、強い紫外線を浴びたときになるべく肌のダメージを抑える方法を3種類ご紹介します。

1.日焼けしたところを冷却する2.多めにローションをつけて潤いを保つ3.シミにさせないためにも表皮を剥いては絶対に駄目
デトックス法は、専用のサプリメントの服用及び岩盤浴で、そんな人体の有害な物質をできるだけ流そうとする方法のひとつのことを指している。

例を挙げるなら…あなたは今、パソコンを見つめながら頬杖をついたりしていませんか?この癖は手のひらの圧力を全開で頬へ伝えて、繊細な肌に対して負荷をかけてしまうことに繋がっています。

日本の医療全般がクオリティ・オブ・ライフを重視する流れにあり、市場経済の進歩と医療市場の急速な拡大により、美容外科(Cosmetic Surgery)はここ数年脚光を浴びている医療分野だと考えられている。

美容外科(Cosmetic Surgery)というのは、体の機能上の欠損や変形を修復することよりも、専ら美的感覚に基づく人の体の容貌の向上に取り組む臨床医学の一種であり、自立した標榜科目でもあるのだ。

そんな状況でほとんどの医者が処方するのが、美白化粧品に配合されているビタミンC誘導体である。

外用抗菌薬も併せて使用すると約半年で治療完了に至ることが多い。

更に日々の生活のストレスで、心にまでも毒は山のように溜まってしまい、身体の不具合も招く。

「心身ともに毒だらけ」というような感覚が、現代人をデトックスに駆り立てるのだろう。

洗顔で丁寧に汚れを洗い流さなければなりません。

洗顔石鹸は肌に合ったものを選びましょう。

自分の肌に合っていれば、安価な物でもOKだし、固形の石けんでも良いです。

本来、健やかな肌のターンオーバー(新陳代謝)は28日毎のサイクルになっており、365日新しい細胞が作られ、365日剥がれ落ちていることになります。

こうした「日々の生まれ変わり」によって私たちの皮膚は若々しい状態をキープしています。